Latest News:
Profile – Strip Steve (BOYSNOIZE)

Strip Steve (BOYSNOIZE)

As any cool kid of the 90’s, Strip Steve grew up immersed in Armand van helden, Modjo & Daft Punk’s videos, influences which would ultimately change the course of his life. He started mixing on his first pair of turntables at the age of 14, throwing parties with his friends in his hometown of Bordeaux, France. They played any kind of music they found exciting in the pure and simple pursuit of fun.

Its 2009 and Steve is now 22, finding influence in House & Techno, the masters DJ Sneak & Paul Johnson and the Crydamoure compilations. His goal is to bring back House back to the home it should never have left: the dancefloor.

And man does he know how to do just that: his dj sets incorporate crashing Chicago House classics (Robert Armani, DJ Pierre, Marshall Jefferson, Armando…), contemporary Techno Anthems (Boys Noize, the french record labels Institubes & Ed Banger, Switch, Steve Angello…), early 90’s Rave Ufos (this is a kid with a fascination for Prodigy & Bizarre Inc.) and the most distinguished 12″ electronic classics  (Masters at Work, Romanthony, Daft Punk, LFO, Joey Beltram…).

With a strong Techno culture and clear talent, Steve didn’t take long to distinguish himself from the Myspace crowd. His ecstatic and pumping productions have quickly attracted the eyes and ears of electronic music lovers all over Europe, leading to being signed up to Boysnoize Records and a move to Berlin. His production and DJing brings mayhem to the dancefloor of every club he plays in.

14歳で初めてターンテーブルを使い、mixを開始。 Armand van helden Modjo、そしてDaft Punkなどの作品に没頭して育ったStrip Steveはもはやその辺のキッズとは大違い。彼らからの影響は彼の人生を180度違うものに変えてしまった。地元フランス・ボルドーで行われた数々のパーティーで友人と共に活躍し、純粋に「楽しむ」を軸に、最高だと思ったトラックは何でもプレイした。

2009年、現在22歳にしてSteveの存在は、ハウス&テクノ界で実力を示しつつも, DJ Sneak & Paul JohnsonCrydamoureコンピレーションに影響を受けている。彼のゴールはハウスというものを「ダンスフロア」という生きた空間に立ち返らせることだ。

彼が挑戦するその方法とは、シカゴハウス・クラシックス (Robert Armani, DJ Pierre, Marshall Jefferson, Armando…), コンテンポラリー・テクノ・アンセム (Boys Noize, フランスのレコードレーベル InstitubesEd Banger, Switch, Steve Angello…)90年代初期のRaveシーン(ProdigyBizarre Incなどに惚れ込んだ)、そして最も有名な12インチエレクトロニック・クラシックス(Masters at Work, Romanthony, Daft Punk, LFO, Joey Beltram…).などを織り交ぜてmixしていくものである。

強烈なテクノカルチャーと一目瞭然の才能をもって、Strip SteveMyspace上でのオーディエンスを魅了するのにも時間はかからなかった。彼のぶっ飛んだ作品は目と耳の肥えたヨーロッパ中のエレクトロ・ミュージックをこよなく愛するリスナーをあっという間に虜にした。さらに、Boysnoize Recordsとの契約に成功し、ベルリンに移り住むこととなった。Steveのトラックとプレイで、狂喜に沸かなかった夜はない。初来日を果たすStrip Steveのセットを見逃すな!



  1. It‘s quite in here! Why not leave a response?