Latest News:
Profile – In Flagranti

IN FLAGRANTI

In Flagranti is the duo of Sasha Crnobrnja and Alex Gloor. They both have been in and around various scenes on opposite sites of the globe between New York and Europe. What they share is the simultaneous discovery of the italian cosmic scene from the late 70’s early 80’s. Both were hooked after hearing some of the mixed tapes in the early 80’s, which had this hypnotic blend of electro-disco-afro-rock-funk-dub. in the search of like minded people and the music they loved, Sasha and Alex meet in Basel/Switzerland. It didn’t take long for Sasha to join Alex who moved to new york in the early 80’s, and also make the move to the big apple, in 1993. the musical bond had become so strong that they decide to start their own record label “Codek Records”, which will mark the 10th anniversary in 2006.

IN FLAGRANTI – biography – www.myspace.com/inflagranti

Since the beginning of Codek Records, Alex and Sasha aim to explore the cosmic background in every possible way by creating and putting together different elements of art/graphic design and styles of music in to a seamless flow, which ultimately leeds them to create “In Flagranti”, an act that would reflect all that, and continue to explore the endless possibilities of a ‘cut and paste’ esthetic. Their DIY attitude, which came in many forms like “Organic Grooves” Sasha’s long running weekly party and “SMYLONYLON” tapes, Alex’s by now legendary mix tapes, gained them a lot of street credibility in New York and abroad. In addition the CODEK sleeve design is a big part of the whole esthetics, especially some of the early hand silk screened sleeves, which the Wire magazine calls “the best in the business”. In Flagranti pushes the envelope further by adding video clips that accompanies each song which are displayed on their website www.codek.com and shows the visual influence. Woman-Glamour-Trash-Chic is the identity which brings out the new punk attitude.

From the electronic Disco sound of Gorgio Moroder, Patric Cowley to punkfunk of Liquid Liquid, A Certain Ratio and more contemporary sounds of todays dance music, “Wronger Than Everyone Else” is a erotic funny collage of all the above. Whilst restricted distribution in the past and limited pressings has meant that previous releases have slipped somewhat under the radar, a buzz has been steadily building as many known djs (ivan smagghe, trevor jackson, cloe, steve kotey…) are playing the records and the name appears on many playlists and compilations world wide. Described by xlr8r magazine as “rare grooves from another planet”, the critics have been favorable.

**********

In FlagrantiSasha CronobrnjaAlex Gloorのデュオである。2人ともニューヨークからヨーロッパまで世界の国々を巡ってきた。270年代後半と80年代前半のイタリアのコズミック・シーンに情熱を抱く。とくにエレクトロ/ディスコ/アフロ/ロック/ファンク/ダブが催眠術にかかったかの如くブレンドされたサウンドの宝庫である80年代前半のミックステープにすっかり魅了されてしまった。

SashaAlexが出会ったのはスイスのバーゼルである。Alex80年代前半にニューヨークに移住していたが、Sashaが彼に出会った後1993年にニューヨークに移るまで時間がかからなかった。2人の音楽的な結束は強く、1996年にCodek Recordsを設立するに至った。Codek Recordsの開始以来、AlexSashaはグラフィックデザインと音楽のありとあらゆる要素を融合してシームレスなフローを形成するという独自の宇宙観を生み出してきた。それがIn Flagrantiである。「カット&ペースト」の無限の可能性を秘めた美学を絶え間なく追求してきたのだ。

彼らのDIY(Do It Yourself)から生まれた作品は、NYのストリートシーンおよび海外で大きな評価を得た。毎週開催されるSashaのパーティー「Organic Grooves」やAlexの伝説的なミックステープ「SMYLONYLON」などが象徴的である。またCodekのジャケット・デザインはIn Flagrantiの美学を形成する最も大切な要素である。ハンドシルクで覆われたジャケットはWire magazineが「このビジネスの中の最高傑作である」と絶賛するほどである。In Flagrantiは独自のビデオクリップをYoutubeでも公開しているが、そこでも強烈なビジュアルインパクトを放つ。「女性、グラマラス、淫らさ、シックスタイル」などがアイデンティティーでありニューパンクを詠唱する。

ジォルジオ・モロダーやパトリック・コウリーのエレクトロニック・ディスコからリキッド・リキッドやア・サーティン・レシオのパンクファンク、そして今日のダンス音楽のサウンドに至るまで、これら全部をユーモアたっぷりに、そしてエロティックにコラージュされたものがIn Flagrantiの「Wronger Than Everyone Else」である。大御所DJIvan SmaggheTrevoe JacksonCokeSteve Kotey他)にも頻繁にプレーされるようになり、世界中のコンピレーションのプレイリストにも現れる。

Xlr8r誌が「別の惑星のレアグルーブ」と説明するように、In Flagrantiは評論家の間で賑わかせている。

IN FLAGRANTI – discography

ALL CODEK RECORDS RELEASES:

- CRE.014 – VINYL 12″ 2007 – NONPLUSULTRA – SEX SXHON AND BLACK DEVIL MIXES

- CRE.013 – VINYL 12″ 2007 – NONPLUSULTRA – SEX SCHON MIX PROMO

- CRE.012 – VINYL 12″ 2007 – IN FLAGRANTI – INTERGALACTIC BUBBLEGUM

- CRE.011 – VINYL 12″ 2006 – IN FLAGRANTI - ‘IT,S ALL RUBBISH’

- CRE001CD – ALBUM 2006 – IN FLAGRANTI  - WRONGER THEN ANYONE ELSE

- CRE.010 – VINYL 12″ 2006 – IN FLAGRANTI – ‘GENITAL BLUE ROOM’

- CRE.009 – VINYL 12″ 2005 – IN FLAGRANTI – ‘WE MAKE LOVE IN A HOUSE MADE OF GLASS’

- CRE.008 – VINYL 12″ 2005 – IN FLAGRANTI – ‘TEACHING CHILDREN HOW TO SWEAR’

- CRE.007 – VINYL 12″ 2005 – IN FLAGRANTI – ‘BANG BANG’

- CRE.006 – VINYL 12″ 2005 – IN FLAGRANTI – ‘MELODYMAKER’

- CRE.005 – VINYL 12″ 2004 – IN FLAGRANTI – ‘NONPLUSULTRA’

- CRE.003 – VINYL 12″ 2003 – IN FLAGRANTI – SUPEREGO

- CRE.001 – VINYL 12″ 2002 – IN FLAGRANTI – DAY IN DAY OUT

In Flagranti

Codek Recordsの開始以来、AlexSashaはグラフィックデザインと音楽のありとあらゆる要素を融合してシームレスなフローを形成するという独自の宇宙観を生み出してきた。それが「In Flagranti」である。「カット&ペースト」の無限の可能性を秘めた美学を絶え間なく追求してきたのだ。

彼らのDIY(Do It Yourself)から生まれた作品は、NYのストリートシーンおよび海外で大きな評価を得た。毎週開催されるSashaのパーティー「Organic Grooves」やAlexの伝説的なミックステープ「SMYLONYLON」などが象徴的である。

またCodekのジャケット・デザインはIn Flagrantiの美学を形成する最も大切な要素である。ハンドシルクで覆われたジャケットはWire magazineが「このビジネスの中の最高傑作である」と絶賛するほどである。In Flagrantiは独自のビデオクリップをYoutubeでも公開しているが、そこでも強烈なビジュアルインパクトを放つ。「女性、グラマラス、淫らさ、シックスタイル」などがアイデンティティーでありニューパンクを詠唱する。

ジォルジオ・モロダーやパトリック・コウリーのエレクトロニック・ディスコからリキッド・リキッドやア・サーティン・レシオのパンクファンク、そして今日のダンス音楽のサウンドに至るまで、これら全部をユーモアたっぷりに、そしてエロティックにコラージュされたものがIn Flagranti

である。



  1. It‘s quite in here! Why not leave a response?